ムーミン/Moomin ムーミンママ プリント トートバッグ(M)

ムーミンの人気トートバッグ!

アニメ、ムーミンのトートバッグ。
A4サイズもゆったり収納できるので、使い勝手抜群です♪
丁度良い大きさは、通勤・通学やお買い物のエコバッグなどにも最適です!

・素材:コットン100%
・Size:縦37cm×横35cm×持ち手22cm

・各サイズは平置きにて採寸しておりますので、多少の誤差はご理解下さいませ。
・掲載されている画像はご使用のモニターにより、実際のものと若干異なって見える場合がございますのでご了承ください。


ムーミン(典: Mumin、芬: Muumi、英: Moomin)は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの『ムーミン・シリーズ』と呼ばれる一連の小説および末弟ラルス・ヤンソンと共に描いた『ムーミン漫画(コミックス)』作品の総称。もしくは、同作品に登場する架空の生物の種族名。または、主人公(主要な登場生物)「ムーミントロール」の略称。(次弟のペル・ウーロフ・ヤンソンもトーベと写真絵本を製作している。)

ムーミンママ(muminmamma)
ムーミントロールの母親。夫はムーミンパパ。
いつも賑やかなムーミン一家を支える。常に赤と白の縦じまの腰巻エプロンを着用して、手には持ち手の付いた黒いハンドバッグを携帯している。夫や子供達に分け隔てなく愛情を注ぎ、スノークのお嬢さんやミイに時折料理を教えている。一人称は「私」。
寛容で穏やかな性格だが、時折お転婆で無鉄砲な性格が垣間見える。『楽しいムーミン一家』では、モランがトフスランとビフスランに盗まれたルビーの王様を取り返しにムーミン屋敷に来訪した際にフライパンを片手に立ち向かったり、飛行おにの帽子でムーミン屋敷が植物に乗っ取られた時は生えた果物を物怖じないで食べてムーミンパパに薦めたり、この帽子でムーミンが化け物になり、自分が化け物になっていることを知らないムーミンが「自分はカリフォルニアの王様だ」と名乗り、その結果スニフ、スナフキン、スノークらにぼこぼこにぶん殴られ泣いているのをムーミンと見抜いたりと、ムーミン一家の中では精神的に強い方。
自宅では主に台所に立ち料理を作っている。趣味は家事の合間にリビングでイスに座りながらする編み物、一家で海に出かけた時にも暇を潰すのにも編み物をしていることが多い。
庭でバラを育てるなどガーデニングに勤しみ、ムーミン達が山で摘んできた木いちごを使ってジャムやジュースを拵えている。また料理の知識の他に食用キノコと毒キノコを見分けるなど、山菜に対する知識にも長けている。自宅の地下には彼女専用の薬剤室があり、自身の祖母が手帳に書き残した秘伝の薬の調合書を持っている。家族の誰かが病気になった際は、調合書で使用する薬の調合方を調べ、薬剤室に篭り薬の調合をしている。
若い頃の嵐の夜、海で溺れて助けを求めた。それを救ったのが「海のオーケストラ」号での冒険を終えたムーミンパパであった。『楽しいムーミン一家』ではその頃のママの容姿は現在のスノークのお嬢さんそっくり(相違は前髪とハンドバッグの有無のみ)と表現されている。
ハンドバッグは出かける時はもちろん、家事をする際にも常に所持している。このハンドバッグは命の次に大事な物で、一度失くした時(この時はトフスランとビフスランが昼寝に使用するのに秘密の場所に隠した)はミムラやヘムレンさんなども参加し村中総出で捜索するほど、彼女にとっては大事な物。ムーミン・コミックスでは犬にバッグを盗まれたが、ムーミンパパが持ってきた他のどんなデザインの代替品も拒否し、「あのバッグじゃなきゃダメ」と泣きじゃくるこだわりよう。バッグの中身は怪我した時に使うばんそう膏などの救急道具、靴下や手袋などの衣類の他、化粧用のコンパクトや、ムーミンパパに婚約の際に贈られたルビーの指輪や真珠のネックレスなど収められている。
体重は重いらしく、テレビアニメーション『楽しいムーミン一家』の第二期OPを見るとムーミンパパよりも重い(ムーミンパパを含むムーミン達が長椅子に座っており、端にムーミンママが座ると長椅子が片寄る)。ムーミンパパがムーミンママに誕生日プレゼントとして送ろうとしていた自転車も、かなりの重さに耐えられるように設計図が作られていた。

¥ 2,280

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 500円

    全国一律 500円

※5,400円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する