本牛革 アニマル キーチェーン ヘビ・蛇/Snake ハンドメイド製

可愛い動物たちの人気キーホルダー!

本牛革 アニマル キーチェーン ヘビ・蛇/Snake ハンドメイド製

素材:本牛革
アニマル:へび・蛇

すべて「Shu」オリジナルデザイン・刃型・立体造形技法による製品です。
本革なので、持てば持つほどに手になじみ、革独特の味が出てきます。
贈り物に大変喜ばれる製品です。

※無料でストラップに名前やイニシャルを入れることが出来ます!
ご希望の場合は、ご注文時にご連絡下さい。


ヘビ・蛇/Snake
ヘビ(蛇)は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目(Serpentes)に分類される爬虫類の総称。体が細長く、四肢がないのが特徴。ただし、同様の形の動物は他群にも存在する。
大きさも最大10mといわれるアミメニシキヘビやオオアナコンダから、10cm程のメクラヘビ類まで、様々な種類がある。なお世界最大の毒蛇は、全長5m以上になるキングコブラとされる。
胴と尾の区別は、一般に総排出口から先が尾とされる。骨格を見れば胴体と尾の境界はある(胴体には肋骨があるが、尾にはない)。
俗に顎を外して獲物を飲み込むとされるが、実際には方形骨を介した顎の関節が2つあり、開口角度を大きく取ることができる。さらに下顎は左右2つの独立した骨で形成され、靭帯で繋がっている。上顎骨や翼状骨も頭骨に固定されておらず、必要に応じて前後に動かすことができる。歯も喉奥に向かって反り返り、これらにより獲物を咥えながら顎を動かすことにより獲物を少しずつ奥に呑みこむことができる。
また口内にはヤコブソン器官という嗅覚をつかさどる感覚器を持つ(ヘビ固有の器官ではない)。本科の構成種が舌を頻繁に出し入れするのはこの器官に舌に付着させた匂いの粒子を送っているためである。また一部の種では赤外線(動物の体温)を感じ取る赤外線感知器官(ピット器官)を唇にある鱗(上唇板、下唇鱗)や目と鼻孔の間に持つ。耳孔や鼓膜は退化しているため、地面の振動を下顎で感知する。

¥ 1,580

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report